Program Details

情熱大陸【寺田宜弘/ウクライナ国立バレエ芸術監督▽侵攻から2年…希望を新作に】🈑

報道・スポーツ・ドキュメント

2024年2月25日 日曜 23:00-23:30

情熱大陸【寺田宜弘/ウクライナ国立バレエ芸術監督▽侵攻から2年…希望を新作に】

番組概要

戦禍に揺れる国…だが踊り続けることを選ぶ!世界的バレエ団を率いる日本人芸術監督が、祖国・日本の舞台で名作「ジゼル」にメッセージを込める…不条理と闘う芸術家の日々

番組内容

2024年2月24日、ウクライナへの軍事侵攻から2年。戦禍に揺れる国では空襲警報が日常となっている。だが今でも、首都キーウにあるウクライナ国立歌劇場では毎週4回バレエとオペラの公演が行われ、ウクライナの人々が現実を忘れられるひと時を提供している。この国立バレエ団の芸術監督として109人の団員たちを率いるのが、寺田宜弘。国立劇場バレエ団が150年以上の歴史の中で、その地位を日本人に初めて託したのだ。

番組内容2

寺田自身、少年時代からウクライナでバレエを学び、自身もソリストとして活躍。ロシア侵攻時も教え子たちのサポートにあたり、団員たちの信頼も厚い。家族が前線にいる者、父親を喪った者―過酷な状況のもとで、バレエに取り組む寺田たちの姿には、芸術の砦を守ろうとする、強い気概が溢れていた。この冬、祖国日本の舞台での新作に込めた希望。戦禍でも踊り続けることを選んだ、ウクライナ国立バレエと寺田の日々を見つめた―。

プロフィール

【寺田宜弘/ウクライナ国立バレエ 芸術監督】 1976年生まれ、京都府出身。11歳で単身キエフ(現キーウ)へと渡り、日本人初となる旧ソ連の国費留学生としてキエフ国立バレエ学校で学んだ。 1995年「キエフ・バレエ(現ウクライナ国立バレエ)」に入団。ソリストとして多くの舞台にたつ。引退後、キーウ国立バレエ学校芸術監督に就任。2016年ウクライナ政府よりウクライナ人民芸術家の称号を与えられた。

プロフィール2

ロシア侵攻の時はヨーロッパに逃れ、教え子たちのサポートにあたった。 趣味は料理。煮込み料理が得意。教え子を招いて食事をすることもしばしば。

プロフィール3

【ウクライナ国立バレエ(旧キエフ・バレエ)】 1867年創立のウクライナ国立歌劇場を本拠地とするバレエ団。 ボリショイ、マリインスキーとならぶ旧ソビエトの3大バレエとされている名門で、著名なダンサーを輩出してきた。 クラシック・バレエ作品を中心に上演し、国際的なツアーも数多く行っている。

公式ページ

◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/

関連公式URL

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku

関連公式URL2

【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/

制作

【製作著作】MBS(毎日放送)

おことわり

番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

スポーツ、演劇、音楽、学術など、ありとあらゆる分野の第一線で活躍する人物にスポットを当て、その人の魅力・素顔に迫るドキュメンタリー。


Page Top