Events

【チューリップテレビ開局30周年記念】 ポーラ美術館コレクション展-印象派からエコール・ド・パリ- モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで

2021年4月24日(土)~6月27日(日)

【チューリップテレビ開局30周年記念】 ポーラ美術館コレクション展-印象派からエコール・ド・パリ- モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで


チューリップテレビ開局30周年記念

ポーラ美術館コレクション展

印象派からエコール・ド・パリ

モネ、ルノワールからピカソ、シャガールまで


2002年9月に「箱根の自然と美術の共生」のコンセプトのもと、

富士箱根 伊豆国立公園内の箱根・仙石原に開館した

ポーラ美術館のコレクションは、

西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、彫刻、東洋陶磁、

日本の近現代陶芸、ガラス工芸、化粧道具など多岐にわたり、

総数は約1万点におよびます。


その核となる西洋絵画のコレクションは、

19世紀フランス印象派からポスト印象派を経て20世紀絵画にいたるまで、

西洋の近代美術の展開を体系的にたどることのできる、

国内でも屈指のコレクションになっています。


本展覧会では、この西洋絵画コレクションから、

フランスで活動した作家による74点の絵画を精選。

12件の化粧道具コレクションを合わせた総数86件の作品を、

4つの章構成によってご紹介します。

印象派からエコール・ド・パリへと流れる時代の変遷に加えて、

全体に通底する3つのテーマを設けていることも大きな特徴です。


時代を映すファッショナブルな「女性像」、

近代化によって大きく変貌する「パリ」、

画家たちが旅先で出会った風景や

南仏など重要な制作地をめぐる「旅」というテーマを通して、

フランスを舞台に活躍した画家たちに

時代や様式を超えて受け継がれる美意識を浮き彫りにしていきます。


公式twitter

富山県美術館



4/24(土)より富山県美術館で開催される『ポーラ美術館コレクション展』の
魅力を一足早くお伝えします!ナビゲーターは、ポーラ美術館・学芸員の東海林洋さん。第2回は印象派・モネです♪
4/24(土)より富山県美術館で開催される『ポーラ美術館コレクション展』の
魅力を一足早くお伝えします!ナビゲーターは、ポーラ美術館・学芸員の東海林洋さん。第1回は印象派・ルノワールです♪
  • ピエール・オーギュスト・ルノワール《髪かざり》1888年
  • クロード・モネ《睡蓮》1907年
  • アメデオ・モディリアーニ《婦人像(C.D.夫人)》1916年
会期
2021年4月24日(土)~6月27日(日)
開催時間
9:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日
毎週水曜日
5月6日(木)※4月29日(木・祝)から5月5日(水・祝)は無休
会場
富山県美術館 2階展示室2、3、4
観覧料
一般:1,400円(1,200円)、大学生:1,000円(800円)、一般前売り:1,200円
高校生以下無料。( )内は20名以上の団体料金

次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
① 児童、生徒(小・中学生、高校生など)
② 学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申請書が必要です)
③ 各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
一般前売券の販売
2月27日(土)~4月23日(金)まで

プレイガイド
富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ、セブンチケット、ローソンチケット(Lコード:54838)、チケットぴあ(Pコード:685-495)、富山大和、BOOKSなかだ、文苑堂書店、明文堂書店
主催
富山県、ポーラ美術館コレクション展実行委員会(富山県美術館・チューリップテレビ)、公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
後援
朝日新聞富山総局、北日本新聞社、富山新聞社、北陸中日新聞、毎日新聞富山支局、読売新聞北陸支社
協賛
NISSHA
協力
ヤマト運輸
企画制作
TBSテレビ
企画協力
テモアン
お問い合わせ
展覧会に関して:富山県美術館 ℡076-431-2711
前売券に関して:チューリップテレビ事業部 ℡076-444-8888

 協賛社


Page Top