チューリップテレビ

県内ニュース

富山県内で20代女性がはしか感染 【2019/03/30 16:25】 

 県は、県内の20代の女性が、はしかに感染したと発表しました。

 はしかは、極めて感染力が強いため、県は、今後、県内で患者が発生する可能性があるとして、注意を呼びかけています。

 はしかに感染したのは、高岡厚生センター管内の外国籍の20代の女性です。

 この女性は、先月25日から今月26日まで、砺波厚生センター管内で宿泊研修をしていて、22日に発疹が出て、発熱して25日に、医療機関を受診しました。

 はしかの感染は、今年、全国で広がっていて、県内では2年ぶりに確認されました。

 はしかの感染力は極めて強く、県は、女性の行動範囲や接触した人の健康状況を調べています。

 県は、はしかを疑う症状がある場合、医療機関にあらかじめ電話で伝え、公共交通の利用を避けて自家用車などで受診するように呼びかけています。