新体制で県連立て直しへ始動 自民党県連が人事案を了承

2020年11月22日 11:492020年11月22日 11:49

 自民党県連は22日、知事選で推薦した現職の敗北を受けて新しい会長に野上浩太郎参議院議員、新しい幹事長に宮本光明県議が就く人事案を了承し、立て直しに向けての新体制が正式に始動しました。

 自民党県連は22日、各支部の支部長や幹事長、事務局長が集まる会議を開き、県連が推薦した石井隆一氏が敗北した知事選を総括しました。知事選の総括については、すでに宮腰光寛会長と五十嵐務幹事長が辞意を表明しています。

 この日の会議では、農林水産大臣の野上浩太郎参議院議員が後任の会長、新しい幹事長には宮本光明県議が就く人事案を正式に了承しました。

 野上浩太郎自民党県連会長「このような状況の中で党員のみなさんお一人一人が、さまざまな思いを持っておられると思います。県連の立て直しに向けて全力を尽くしてまいりたいと思います」

 また県連は、知事選で新田八朗氏を支援し、役職停止の処分をした4人の県議について、今のところ処分の解除は白紙としています。

Current News最新ニュース

チューリップテレビ独自取材、富山県内の最新ニュース

Hot Topicsよく見られているニュース

当Webサイトでよく見られているニュース(過去30日)


Page Top