番組情報

第28回JNN企画大賞 大ナスカ〜最後の謎〜★新地上絵テレビ撮影世界初!1月20日() 16時00分〜

ナスカの地上絵は誰が、何のために、どのように描いていたのか?山形大学研究チームを率いる坂井正人教授に密着しナスカ地上絵の謎に迫る。

番組内容
●ナスカの地上絵は“なぜ"描かれたのか? 巨大遺跡「カワチ神殿」から出土した、人間の首のミイラがその謎を解く鍵に!?●“どうやって"描いたのか? 最大の地上絵は285mもあり、地上からは確認が困難。長年謎だったが、有力な描画法を山形大学の坂井教授が発見!恵俊彰が坂井教授の指導の下、その描画法で山形県の海水浴場の砂浜に原寸大の地上絵を描くという壮大な再現実験に挑んだ。●ナスカ地上絵のモチーフの謎! 地上絵は、空・地上・海の動物が描かれている。そこには人間の首を持つシャチといったモチーフも描かれている。それらのモチーフは、出土した土器にも描かれており、一見、関連性がないように思われるが、そのモチーフそれぞれに大きな意味があった!!
首のミイラ、動物の地上絵、同じモチーフが描かれた土器、そして黄金製品。それらは何を意味するのか?

出演者
★謎解きナビゲーター
恵俊彰
★ナスカリポーター
鶴田真由

プロフィール
山形大学 坂井正人教授
日本のナスカ研究の第一人者
山形大学研究チームはペルー政府から唯一ナスカ台地への長期立ち入り調査を許され、山形大学人文社会科学部附属ナスカ研究所を拠点に調査を行っている。

スタッフ
ディレクター
丹野智(TUY)
プロデューサー
佐藤義亀(TUY)

公式ページ

制作
製作著作
JNNネットワーク協議会
制作
TUY(テレビユー山形)

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。
 
 
 
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.