チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

政治

2019年03月05日(火)

※富山県内のニュースです。


  整備費57億円の新ロープウエー 県 事業計画踏まえ支援検討

(2019年03月05日 18時28分)

 県が、現在の立山ケーブルカーと同じルートで整備を検討する新たなロープウエーについてです。

 5日の県議会で、57億円にのぼるとされる整備費を支援するのか問われた県は、事業主体の立山黒部貫光が、新年度に策定する事業計画を踏まえたうえで、検討する考えを示しました。

 立山駅と美女平(びじょだいら)駅を結ぶ立山ケーブルカーと同じルートで整備を検討するロープウエーについて、県は、去年12月に開いた有識者会議で、整備費用が57億円にのぼるとの試算を示していました。

 5日の県議会一般質問で、ロープウエーの整備費を支援するのか問われた県の担当局長は、今後の環境影響調査や詳細なルート選定のあとに改めて整備費用が算出されるとの認識を示したうえで、次のように述べました。

 「整備費用に対する支援の具体的な検討については、来年度立山黒部貫光において行われる調査検討を踏まえた整備ルートの設定や、ロープウエー整備にかかる具体的な事業計画の策定が前提となります」(県観光・交通・地域振興局猪俣明彦局長)

 猪俣局長は、新年度に立山黒部貫光が策定する事業計画を見たうえで、整備費の支援を検討する考えを示し、県としてはまず、絶滅危惧種のイヌワシやクマタカの生息調査を実施するとしました。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.