チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年11月09日(金)

※富山県内のニュースです。


 大震災の経験を教訓に 滑川市で地震訓練
動画を再生

  大震災の経験を教訓に 滑川市で地震訓練

(2018年11月09日 18時16分)

 東日本大震災を経験した防災アドバイザーが滑川市の中学校で実践的な地震訓練を行いました。

 『地震です』滑川市の早月中学校で行われた地震訓練。

 この訓練の講師を務めたのは東日本大震災を経験した宮城県の防災危機管理アドバイザーの吉田亮一(よしだ・りょういち)さんです。

 吉田さんは指定避難所の責任者を務めた経験を活かし、大震災のあった年から全国の小・中学校をまわって避難の方法を教えています。

 9日の訓練には全校生徒が参加、吉田さんが避難所にかけつけたお年寄りのために考案したという『マット』と『跳び箱』でつくる簡易の休憩スペースを紹介し実際に生徒たちも体験してみました。

 吉田さんは、万が一の際には学校が避難所になるため生徒たちが避難所開設の準備を手伝うなど何ができるか自ら考えて行動に移すことが大切だと訴えました。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.