チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年07月11日(水)

※富山県内のニュースです。


 滑走路点検中にヘリ着陸 管制官らに聞き取り調査始まる

(2018年07月11日 18時13分)

 9日富山空港で、点検作業用の車両がいる滑走路にヘリコプターが着陸した重大インシデントについて、国の航空事故調査官が当時の管制官に話しを聞くなど原因究明にむけ調査を始めました。

 富山空港では、9日滑走路に点検作業用の車両がいるのにヘリコプターが着陸しました。

 へリには4人、点検車両には作業員2人が乗っていましたがけがはありませんでした。

 国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない「重大インシデント」に認定。

 11日富山空港に入った航空事故調査官2人は、管制官から話しを聞いたほか当時のヘリと車両の位置関係などを確認したということです。

 「人為的かどうかわからないのでそこを調べにきている」「関係者からの口述は重要なファクターだと思っている」(航空事故調査官・逸見浩也さん)

 滑走路にいた点検車両とヘリコプターはそれぞれ管制官からの進入許可と着陸許可を得ていたということで、国交省は取材に対し「これまで豪雨で管制官が色々な作業に追われ多忙となり、確認がおろそかになった」としています。

 運輸安全委員会は1年をめどにこの件の報告書をまとめます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.