チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年06月06日(水)

※富山県内のニュースです。


 旧優生保護法 強制不妊問題で無料電話相談

(2018年06月06日 17時24分)

 旧優生保護法のもと、障害のある人などが強制的に不妊手術を受6日朝せられていた問題で、県弁護士会が、6日、無料の電話相談を行いました。

 時間内に相談の電話はありませんでした。

 県弁護士会では、午前10時から午後4時まで特設電話を設置して、旧優生保護法のもとでの強制不妊手術の問題について、無料相談を行いました。

 しかし、県弁護士会によりますと、6日、相談は、1件もなかったということです。

 旧優生保護法のもと、県内では、1951年から83年までに少なくとも96人が不妊手術を強制されましたが、県に個人を特定する資料は残されていません。

 手術を受けた人たちが高齢化していたり、知的障害や遺伝性の病気があるなど、自身で声をあげるのが困難な状況にあると考えられることから、県弁護士会では、「当事者を支える周りの人たちへどう情報を届けていくかなど、支援の体制を検討していきたい」としています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.