チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年05月08日(火)

※富山県内のニュースです。


 復旧のめど立たず 南砺市で田んぼののり面が崩落

(2018年05月08日 17時48分)

 南砺市の田んぼで「のり面」が崩れているのが見つかりました。

 けが人はいませんでしたが、今のところ復旧の見通しは立っていません。

 崩落があったのは南砺市立野原西(なんとしたてのがはらにし)の田んぼののり面で、幅およそ15メートル高さおよそ10メートルにわたって崩れ落ちました。

 南砺市によりますと、先週日曜日に、近くに住む人が市に連絡して発覚、先週土曜日から、日曜日にかけて崩れ落ちたと見られます。

 けが人はいませんでした。

 のり面の下にある農道は崩れた土砂で埋まり現在通行が出来ない状態になっています。

 南砺市によりますと、7日まで降り続いた雨の影響で土砂の土がまだ柔らかく、危険な状態のため、撤去作業が出来ず復旧のめどはたっていないということです。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.