チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2017年06月01日(木)

※富山県内のニュースです。


 富山市内で飲酒運転 警察官 停職6か月 懲戒処分

(2017年06月01日 17時58分)

 酒を飲んで乗用車を運転したとして、県警は、富山中央警察署の巡査長を停職6か月の懲戒処分にしました。

 停職6か月の処分を受けたのは、富山中央警察署の28歳の男性巡査長です。

 この巡査長は、今年4月、富山市内の飲食店で酒を飲んだあと乗用車を運転し、富山市内の県道で停車していました。

 通りがかった人に通報され、駆けつけた警察官が呼気を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されました。

 巡査長は富山中央署の懇親会に出席したあと、さらに中央署の署員3人と夜遅くまで酒を飲んでいたと言うことです。

 不祥事を受けて県警の舘谷健主席監察官は、「現職の警察官が酒気帯び運転をしたことは誠に遺憾であり、再発防止にむけて対策を徹底する」とコメントしています。

 県警は、1日付けでこの巡査長を道路交通法違反で富山地検に書類送検しました。

 巡査長は、1日付けで辞職しています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.