チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2017年01月24日(火)

※富山県内のニュースです。


 インフルエンザ流行拡大 4週間ぶり再び注意報レベルに

(2017年01月24日 17時48分)

 インフルエンザの流行が再び拡大しています。

 県厚生部によりますと、先週1週間に報告のあったインフルエンザの1医療機関あたりの患者数は4週ぶりに10人を上回り、再び注意報レベルに達しました。

 県内で先週1週間に報告のあったインフルエンザの患者数は、1医療機関あたり17・56人で、先週より7・58ポイントと大幅に増えました。

 今年に入ってからは10人を下回る週が続いていましたが、4週ぶりに、再度、注意報レベルに達しました。

 地域別では、新川厚生センター管内が25・14人と最も多くなっています。

 また、今シーズン、県内では2種類のA型インフルエンザウイルスが検出されていて、A香港型が最も多くなっていますが、全国的には、A型よりも遅れて流行が始まるとされるB型も検出されています。

 県では感染の予防と拡大防止のため、引き続き、うがい手洗いなど対策を徹底するよう呼びかけています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.