ミタイノムービー

ミタイノコレクション(毎週土曜日午後4時55分~)の

                              映画コーナー「ミタイノムービー」は、

 TOHOシネマズの劇場スタッフの方に紹介していただいています!

 今回はTOHOシネマズ高岡で収録!

 e58f8ee98cb2e4b8ad1    

            

 

 

 

 

 

 

 

映画コーナー収録日の楽しみは、映画に身近なスタッフの方々の映画評を聞くこと!

 さすがに目のつけどころが違います!

「へぇ~そんなところ見てましたか!」とか「確かに!あそこは楽しかったですね!」とか 話していると見た映画が、

2倍も3倍も

面白いものとなっていくのです!

さあ、打ち合わせは終わり いざ収録です!  

担当は TOHOシネマズ高岡の小泉圭司さん!

e7b7b4e7bf92e4b8ad           

練習中の小泉さん      

 

 

 

 

 

  

 今年の1月から高岡勤務になられ、ミタイノムービーに晴れて!? 出演していただけることになりました! 流暢なしゃべり方はプロ顔負けです。  

 

ブログのためにちょっと取材★★★

    小泉圭司さん       29歳! 長野県松本市出身!  

                                  (朝の連続ドラマ「おひ●ま」の舞台です!わあ~いいところ!!)

●富山県の好きなところは・・・・  

       魚がおいしいっ!

      特に白エビさいこー!!

                                                                                        ってゆーてはりました!

●小泉さんにとって[映画]とは・・・    

             心に一番残る暇つぶし

                                                                    ってかっこいい感じで言ってはりました!

  ● この際、TOHOシネマズ高岡の支配人に言いたいことは・・・

           自分には優しいですが      

           あまりお●らないで!      

  マートな顔立ちとは感じとは違って、普段はとっても楽しい明るい方です!  

    

toho1

       

              

 

 

 

「ミタイノコレクション」9月3日と10日は小泉さんが登場!!

 映画のみどころを

      ズバッっと

                        教えてくださいます!

是非チェックしてみてくださいね~!!!

@

富山んまいもんめぐり 

夏は特番があるのでいつも忙しいのです!

が、しかし制作チームは徐々に通常モードに入ってきました。

 とーっくに一抜けした私ですが、忘れずにブログを書きます!

7月31日に放送された「富山んまいもんめぐり 八尾編」 はじめてのトーク番組にドギマギ。トーク番組を録画しまくりで、見るのは大好きだけどさてさて、トーク番組ってどうやって作るのかしら・・・。という感じでスタート。

いやあ、やってみたら、想像以上に編集が大変でした. トーク番組見る目が変わりました。30分番組のMAも久しぶりに自分でやってみたら、肩が懲りました・・・  

今回は料理がテーマということで料理の監修役として、

柴田理恵さんも行きつけのお店「米清あら川」のマスター・荒川数夫さんに お願いを!

こころよく引き受けてくださいました!e7b1b3e6b885e3839ee382b9e382bfe383bc      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店にはよくお邪魔していましたが、がっつり話したことがなく、

とても男気のある方でした。 中身もイケメン!          

 私と、マスター付きのMちゃんは、撮影用料理をちゃっかり試食(これもお仕事!)

おいしかったです。数夫さん、ありがとうございます!!e69699e79086       

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに番組内では紹介できなかったのですが、 夏オススメのメニューも実は作ってきてくださっていたのです。e3818ae38199e38199e38281e69699e79086 番組終了後、出演者の皆さんといただきました!    

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     ちなみに、収録後帰る予定だったマスター・荒川数夫さん、愛されキャラで、宮田旅館のご主人とすっかり意気投合!打ち上げに参加され、かなりの盛り上がりを見せていました。 楽しかったです(笑) こうやって人の輪って広がっていくんだなって感じさせていただきました。 素晴らしいメンバーに囲まれた番組でした。

 

放送後、八尾出身のうちの母とおばさんが喜んでいました。懐かしさもあったし、地元の知らない話を富山弁で話してくれるってうれしいことらしい。  放送できてよかったです。

 再放送あります! 8月14日(日)午後4時48分から。

 番組をみたら、家族で自分の地元の話をする機会になってくれればいいですが・・・・。 トーク番組は家族では見ないのかな・・・・・・。

「米清あら川」で地酒飲みながら美味しい料理を食べに行きたいっと願う日々。

米清あら川   富山市新富町1-3-19 076-441-8000 

おいしいから行ってみて~!!!

これから重い仕事に入ります・・・・。

@

夏休み親子体験バスツアーで

編集機が埋まっていて仕事ができません。だから日記を書いてみます!

先日、チューリップテレビがお届けする親子体験バスツアーの取材にいってきました。

天気のよい日でした。体験ものでは、とくに、尾崎かまぼこさんでの細工かまぼこ体験や、なないろ館での陶芸の絵付けでは、子供たちのセンスに驚かされました!

自分だったらきっと、名前をローマ字で書いたり、ハート模様を書くぐらいが精一杯だと・・・。素晴らしい作品は今週放送の「ミタイノコレクション」<13日(土)午後4時54分~>でご覧ください。

で、スタッフ側はといえば・・・朝、富山駅北口から出発するときにすでに話題にしていたぐらいに楽しみにしていた・お昼の宇奈月ニューオータニホテルのバイキング!

最近は会社でカップラーメンの日が多かっただけに、うれしい限り!

おいしい料理を食べられて幸せでしたぁ~。締めはもちろん、デザート!

hi3g038700011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートファウンテンや、ゼリーなど、たくさんあったのですが、大きな体のこちらの二人は、プリンがおいしいと絶賛!hi3g03830001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンのKさんなんて、二個も食べてました!hi3g03810001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇奈月ニューオータニホテルに行った際は、是非お試しあれ!

@

報告

 

おわら担当・島田です。

 

 

 

 

 

まずは、

 

 

 

 

 

生きてます。

 

 

 

「おわら風の盆のロケで殉職するかも・・・」という記事を書き捨て、しばらく更新が途絶えてしまった。

ものすごい不安を煽る展開ですいませんでした。

八尾の方にも、「おい、ブログ更新せいよ!ダーシマ!!」 と言われてしまいました。

S島さん、ようやく更新しましたよ。

 

 

 

普段体重の増減はほとんどない私が、この半月ほどで

4キロ痩せ

というまさかのおわらダイエットに成功し、

今も

「生きてる?」

「顔白いけど大丈夫?」

最近島田さんのこと見ないようにしてたよ、なんか切なくなるから

など、周囲の皆様に心配させっぱなしの迷惑女と化しています。どうもすいません。

 

 

おかげさまで、ようやく編集もクライマックスに差し掛かっています。

風の盆の3日間のことも振り返りたいですが、それは放送後かな・・・

 

 

とにかく、

番組見てください。

リアルタイムで。

 

それだけ言いたくて、この記事を書きました。

 

 

============================

 

毎年多くの人々が訪れ魅了される、富山市八尾町の民謡行事“おわら風の盆”。

小説やドラマの題材にもなり、今では全国的に注目されるところとなりました。

しかし、華やかな舞台の裏で営まれる八尾町の人々の暮らしは、ほとんど取り上げられることがありません。

1年中行われる楽器や唄の練習、世代から世代へ受け継がれる技術―。

民謡おわらの演者として一人前になるには、何十年もの鍛錬が必要だと言われています。

それを覚悟の上で町民がひたむきに打ち込むおわらは、家族の絆・師匠と弟子の絆・ひいては地域の絆を、より強くしているように見えます。

この町では、かつて当たり前にあった人と人の温かいつながりを感じることが出来るのです。

 

人生をかけておわらを奏でる人々の絆。

そして、それほどまでに人々を惹き付けるおわらの魅力に迫ります。


         (番組概要・ダイドー日本の祭りHPより抜粋)

==================================

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9月26日(日)14:00~14:53

ダイドードリンコスペシャル 

人生を奏でる~おわら風の盆~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ダイドー日本の祭り HP

http://www.dydo-matsuri.com/list/owara/tv.html

 

 

番組放送まで

 あと3日

 

@

サプライズ

 

島田です。

今朝起こったサプライズをご紹介します。

 

 

それは、出社してすぐの出来事でした。

メールチェックなどを行いながら、恒例のおわらカレンダーめくり(※)の儀式を。

 (※参照:http://www.tulip-tv.co.jp/new_site/blog/seisaku_1/?p=570

 

すると。

 

 

 

 

 

 

 

 

100826_101201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思わぬ声援。

会社の誰かからのメッセージが落書きされていました。

 

びっくりした後、なんだかちょっと元気になれたのでした。

落書きは人を元気にするんですね~。

わたしも今度、誰かにやってみようっと。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9月26日(日)14:00~

ダイドードリンコスペシャル 

人生を奏でる~おわら風の盆~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ダイドー日本の祭り HP

http://www.dydo-matsuri.com/list/owara/tv.html

@

ついに・・・

 

100825_111701

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島田の手作りおわら風の盆カウントダウンカレンダーが、

風の盆までのこり1週間

という事実を告げました。

 

 

 

(数週間前、このカレンダーを作成したことで

 「お前、どれだけおわら好きなんよ!?」

 「ていうか、もう八尾に住めばいいがじゃない?」

 など、先輩方に好き勝手言われたことは言うまでもありません。でも負けません。

 

 

 

 

100825_111702

 

 

 

 

 

 

 

 取材テープも、

結構たまってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

春からはじめた取材も、

もうすぐ一段落。

相変わらず、八尾には毎日のように通っています。

最近では、取材テープを見直し、改めて番組構成を考え、編集も少しずつ行っています。

 

 

そんなある日、通りすがりの鎌田アナに

「ダーシマ!なんか見るたびに小さくなっていくネ!

と言われました。

そういえば毎年、おわらの時期になると

「なんか痩せなかった?」

「島田さん、出てるよ!(魂的なものが)

と周囲に言われるほど、日に日に憔悴していくのが恒例となっています。

 

 

 

 

・・・おわらの練習、見てるだけなのに。

 

 

 

 

わたしがそんなこと言ってたら、おわら演者の人たちや、役員の人たちはどうなってしまうんでしょう。

仕事でヘトヘトになったあとで練習に駆けつけ、夜遅くまで練習や話し合いの毎日。

全ては、風の盆を無事に終えるため。そして最高の演技をするため。

そして風の盆の3日間も、仕事が休めず、ほとんど寝ずの生活になるような人もいるんです。

 

 

本当に、ただの道楽ではありません。

取材を始めてから、そう強く思うようになりました。

 

 

 

 

そんな、おわらに打ち込む八尾の諏訪町の人々の様子。

是非、番組でご覧くださいね!!

 

 

 

・・・ついでに貧弱ディレクターも、

取材しながら殉職

なんてことのないように、体力つけて頑張ります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9月26日(日)14:00~

ダイドードリンコスペシャル 

人生を奏でる~おわら風の盆~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ダイドー日本の祭り HP

http://www.dydo-matsuri.com/list/owara/tv.html

@

テレビカメラに恋して。

 

 

100801_082902

 

 

 

 

 

 

 ぺたん。

 

 

 

 

 

 

 

それは、

朝8時の八尾での出来事。

 

 

諏訪町のお寺の敷地内で、気持ち良さそうに寝そべっていた猫を発見。

警戒させないよう、ちょっと距離を置いて、カメラを回していました。

 

 

 

と、

突然猫が起き上がり、あるものに向かってまっしぐらに走り出したではありませんか!

驚くスタッフ。

その、「あるもの」とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100801_0828030001

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビカメラ。

 

 

 

 

 

 

 

三脚にスリスリした後、そのまま座り込む猫。

寄り添ったまま、リラックスした様子で毛づくろいを始める猫。

 

 

島田「・・・・かわいい・・・

カメラマン「いや、かわいいけど・・・・これじゃ撮れんにけよ

 

 

 

 

100801_0828040001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きなカメラを没収される猫。

 

キッ!とカメラマンを睨みつける表情は、

さながら、恋人を奪われた乙女のよう。

 

 

 

 

 

 

100801_0829030001

 

 

 

 

 

 

 

その後も、物欲しげな顔でカメラを凝視。

隙あらばカメラにくっつこうとしている、猫なのでした。

 

よっぽど、好きなんだねぇ・・・

 

 

 

 

 

 

本日の教訓:

恋する乙女を怒らせると痛い目を見る。

 

 

この直後に猫をなでようとしたら、

指を噛まれてちょっと血が出た島田でした。

(カメラを奪ったのは私じゃないのに・・・!)

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9月26日(日)14:00~

ダイドードリンコスペシャル 

人生を奏でる~おわら風の盆~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ダイドー日本の祭り HP

http://www.dydo-matsuri.com/list/owara/tv.html

@

花火大会

 

今からちょうど1週間前、8月1日。

富山市の夏の風物詩神通川べりでの花火大会が行われました。

 

富山の皆さん、観に行かれましたか?

当日は昼間から、町中がなんとなく浮き足立っていました。きっと誰もが夜を待ち侘びてたんでしょうね。

その雰囲気がたまらなく「夏!!」という感じで、なんだか私もウキウキしてしまいました。

 

 

さて、肝心の花火、私も観ましたよ。

その様子を写真でご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

0801e88ab1e781ab-014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー本当だ、花火だ!キレイだね~」

 

 

 

 

0801e88ab1e781ab-002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・あれ? ああ、うん、キレイだね。キレイだけど・・・

 

 

 

 

0801e88ab1e781ab-012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、確かにキレイだけど・・・

   遠くない?」

 

 

 

 

 

・・・なんていう、読者の皆さんの心の声が聞こえてきそうです。

 

 

 

 

そう。実は、

八尾町の城ヶ山から観てました。

当日も、いつもどおり八尾にロケに行っていた島田

神通川あたりから八尾町までは、車で大体20分ぐらいでしょうか。

必然的に、花火はちょっと小さめになっちゃいますよね。

 

 

でも。

城ヶ山からは、遮る建物などもなく、花火がとってもキレイに見えましたよ!

そして、眼下には八尾の町並み。

う~ん、マニアにはたまらないシチュエーション。(何マニア?) 

 

 

花火は、テレビカメラでばっちりおさめてきました。番組内でお見せする予定ですので、お楽しみに!

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9月26日(日)14:00~

ダイドードリンコスペシャル 

人生を奏でる~おわら風の盆~

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

今日もこれから八尾に取材に出かける島田でした。

来年も城ヶ山から花火見ようと思います。 (マニアここにあり)

 

 

ダイドー日本の祭りHP (番組情報が更新されました!!!)

http://www.dydo-matsuri.com/list/owara/tv.html

@

おわら番組 タイトル決定!!~後編~

 

<前回までのあらすじ>

おわらの番組のタイトル案を出すことになった島田

しかし、考えてもこれという案が浮かばず、あっという間に締め切り前日に。

追い詰められた島田は、こともあろうかに相談してしまったのであった。

果たして、のアドバイスとは・・・

(詳細:http://www.tulip-tv.co.jp/new_site/blog/seisaku_1/?p=492

 

 

 

 

 

「で、タイトルの締め切りはいつなの?」

………明日。」

「えー!?前日に相談かよ!もっと早く考えておけよ!!」

「…すいません。 (いっぱい考えたけど浮かばなかったんです!)

「で、今のところどんなのを考えてるの」

「なんかぁ、独創的でオシャレなタイトルにしたいんですよね~。 (なぜかコピーライター気取りの島田)」

「例えば?」

「えっと、例えば・・」

 

いくつか候補を挙げたところ、ことごとく否定される。

 

「そもそも、独創的でオシャレとか言ってる時点で全然ダメ。」

・・・”そもそもダメ”なら、どうして候補を挙げさせたんだ。辱めか?

 

「原点に帰ってみなよ。

風の盆って他の大きなお祭りと違って、ただ町の人が踊ったり演奏したりするだけなのに、

それがすごい魅力的じゃん。そして、おわらがただの季節行事にならずに、しっかりと生活に

根付いている。そういったことを込めたタイトルにしたらいいんじゃないの」

 

わかってるんですけど、なかなか浮かばないんですって・・・

 

「唄ったり、踊ったり、演奏したりってことを表現する和語ってないの?」

「 “奏でる” っていうのはもともと考えてたんですけど…」

「”奏でる” …いいじゃん、それ。で、 “奏でる” を使ったタイトル案は?」

『命を奏でる』 とか…」

 

「命を奏でる?

“コオロギの一生” を観察する

番組みたいだな」

「・・・・・」

 

 

 思わず携帯電話を窓の外に投げそうになる。なんと言いたい放題な鬼・・!! 

しかし、なんとか怒りを鎮めて、会話続行。

 

 

「あとは、 『人生を奏でる』 とか考えたけど (もはやタメ口)」

「それは、・・・・・・相当いいんじゃないか。」

!! 本当ですか!!  (慌てて敬語に修正)」

 

 

鬼が肯定した。渋々認めるところに大人げなさが垣間見えるがそれはまぁいいとして

鬼が珍しく肯定した!

つい嬉しくなる島田。

 

 

 

 

 

電話を切った後、改めて1人で考えました。

「俺にはおわらしかない」 と言っていた唄い手の方。

そんなふうに、人生をかけておわらに打ち込む人々の熱意も、このタイトルには込められている。

うん、やっぱりこれでいこう!そう決めたのでした。

 

 

 

 

そして翌日。先輩ディレクターに最終案を提示したところ、賛成してくれました。

こうして、タイトルが決定!やったー!!

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

イドードリンコスペシャル

「人生を奏でる おわら風の盆」

9月26日(日)午後2時~

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

タイトルと一緒に放送日時も決まり、一気に本格始動という感じ。

なんだかドキドキします。

 

 

 

 

 

・・さて、この話には続きがあります。

 

【続きはこちら↓↓】

Read more »

@

おわら番組 タイトル決定!!~前編~

 

7月某日。

この日、わたしはものすごく追い詰められていました。

でも、いくら切羽詰まっていたとはいえ、あんな行動に出たなんてどうかしていたとしか思えません。

 

 

そうです

に相談してしまったのです。

 

 

(おに【鬼】

テレビ東京のプロデューサー・替山茂樹氏の俗称

番組を面白くするためなら人道を外れたアドバイスでも平気ですることから、そのように呼ばれるようになった

島田はメディアリテラシーの番組で知り合って以来、いじめられ続けお世話になっている。

参照:http://www.tulip-tv.co.jp/new_site/blog/seisaku_1/?p=347

 

 

 

 

「替山さん、実はおわらの番組のタイトルが決まらなくて悩んでるんですけど・・・」

「そうなんだ。で、締め切りはいつなの?」

「………明日。

「えー!?」

 

 

【続きはこちらから↓↓】

Read more »

@