相次ぎ発覚、自民富山市議が政活費を不正受給

 

「小さい頃からつきあいがあり、よくかわいがってもらいました。

 

中川さんがいうことであれば大丈夫なんだろうと…(涙) すみません」

 

50歳を超えた男の言葉とは思えない情けないコメント。

 

記者会見で、涙を流して謝罪した自民党の谷口寿一富山市議(53)。

 

今後の進退については、会派や後援会と相談するとしながらも…

 

「本心でいけば、今回の件をうけて自らが政務活動費の厳正な使い方を先頭に立って

適正なものにする作業をさせていただければと思います」(谷口市議)

 

自ら政務活動費を不正請求した議員の言葉とは思えないあまりにも的外れな発言。

 

さらに、記者会見に同席した自民党富山市議会の相談役は

 

「高校時代にバスケでスーパースターだった人から頼まれたら、断りきれなかったことはみなさんもお分かりのことだろう」と述べた。

 

 

中川勇元富山市議(69)による政務活動費の架空請求に関わっていた谷口市議。

 

谷口市議は、記者会見で謝罪した上で、政務活動費を架空請求をしたのは2013年度と2014年度で3回と説明した。

 

会派から受け取った額は、およそ91万円。

 

このうちおよそ47万円を中川元市議に渡し、 残りは印刷物を発注し、本人の流用はないとした。

 

 

政治家として、なにより貴重な一票を投じてくれた有権者、富山市民を裏切った行為。

 

 

議員同士の関係がどんなに深いものであっても、大切にしなくてはならないものがまったくわかっていない。

 

それでいて、進退も自分で決めることはできないとは無責任と言わざるをえない。

 

富山市議会をめぐっては6月議会で、来春から議員報酬を月額10万円引き上げる条例改正案を可決した。

 

議論が不十分だとして、市民から厳しい批判がある中での強引な採決であった。

 

 

引き上げを主導した自民党。

 

 

このまま予定通りに議員報酬を引き上げるのでは、富山市民は到底、納得できないことであろう。

 

まずは、自民会派の政務活動費をめぐって、どんな調査結果が出されるのか、

 

内容次第では市民の信頼回復にはつながらない可能性もある。

 

 

”守るのは”会派”ではなく、市民である”

 

 

一人一人の市議が自分に正直であってもらいたい。

 

報道制作局  N

 

 

 

 

 

開かれた議会、

@

コマ大戦参戦のけんかゴマを学生がリポート

今週インターンシップに訪れた2人の学生。

富山大学のO君と法政大学のYさんに最終日のきのう、富山の技術者同士の意地のぶつけ合い、

全日本製造業コマ大戦についてリポート報告をしてもらった。

 

直径2センチ以内の小さなコマに技術者たちが技と情熱を注ぐ熱き戦い「全日本製造業コマ大戦」。

年々参加チームが増え、今年は県内の中小企業や大学、高校から48チームが参加し、27日に富山国際会議場で開催される。

 

その中から、2人には航空機分野への進出で注目を集める石金精機と、富山大学の技術者が開発した2つのコマを取材してもらった。

 

大会に初参戦する石金精機では、航空機の羽根を表現した繊細で美しいコマを制作。

ただし、今回は勝ちにこだわり、新入社員を中心とした4人のメンバーが試行錯誤を重ねて別に17個のコマを制作。

それらを戦わせて最も強かった新人の中川さんのコマが出場することになった。

会社を代表するコマを あえて新入社員に作らせたのには、ある思いが。

「(コマ大戦出場は)ものづくりの楽しさややりがいをもってもらうための手段。次のいろんな仕事に打ち込んでいけるように期待している」

 

一方、富山大学工学部の技術者が、大学の「知」と技術を結集させたコマは、変形ゴマ。

コマが回ると遠心力で3個の羽根が広がり、直径は2センチから一気に12.5センチに!

長い羽根で相手のコマを、場外へ押しだす姿から「傘ラリアット」。

昨年の予選敗退の悔しさをばねに、およそ20の部品を組み合わせた緻密なコマを完成させた。

 

 

“一つの小さなコマの中に様々な工夫や思いが込められていて、見た目以上に大きな意味のある戦いと感じた”

 

“富山県はものづくり王国といわれるが、ものづくりが楽しいという思いから良いものが産まれるのだと感じた”

 

 

と取材の感想を語った2人。スタジオでの報告はとても落ち着いていて、堂々とした出演ぶりであった。

 

 

 

5日間のインターンシップ。2人にとっても、そして、指導する側にとってもあっという間の5日間であった。

おせっかいで、おしつけがましい先輩たちのアドバイスやエールをどう受け止めたであろうか?

 

 

2人には、報道の基本的な業務の習得に加え、取材現場で迅速に仕事をこなすために、周りへの目配り、観察力を磨くことの大切さを学んでもらった。

 

この仕事の醍醐味は、出会った人の数だけニュースやドラマがあり、知らなかった世界を知ることで自分自身が育つところにある。

 

そして、地方局の魅力は長いスパンの中で、地域を見つめ、そこに暮らす人たちの息づかいを感じられること。

 

それを映像と音の世界で表現できることは、普遍的で、力強いメッセージを紡ぎだす原動力になる。

 

一人で何でもやれるチャンスがあり、取材から放送に至るまで全ての工程を一人でこなすことで自信が深まる。

 

2人とも今後は幅広い視野をもつために、さまざまな人たちとの出会いを大切にしてほしい。

価値観の違う人たちと言葉を交わし、交流を深めることで、新たな富山の魅力、課題を感じとることができる。

ふるさと愛や富山人としての誇りとは何かを今一度じっくり見つめ直してもらいたい。

 

 

今回のインターンで得た経験を今後の学生生活や就職活動に生かし、夢をしっかりつかんでほしい。

 

報道制作局  N

 

 

@

インターンシップの学生がやってきた!

 

今年もインターンシップの学生がチューリップテレビにやってきた。

富山大学のO君と法政大学のYさんの2人。

1週間のスケジュールで、報道制作局の仕事を体験してもらう。

 

初日のきのうは座学が中心。

テレビのニュース原稿の基本を学んでもらった。

新聞原稿をテレビ原稿にリライトするとどう表現するのか。

 

指導を始めると、2人ともなかなかセンスがいい。

吞み込みの早さと表現力の豊かさに感心させられた。

 

きょうは県西部担当のKA記者の指導のもと、

中田かかし祭に向けてのかかし制作と、来春の植樹祭用のタブノキの種採取の2つの現場取材を経験してもらった。

 

今、目の前で起きていることを誰よりも先にキャッチしようとする旺盛な好奇心と噛み砕いて理解する能力。

 

報道記者が持ち合わせなくてはならない大切な要素だ。

 

カメラマンと現場に行き、取材を重ねて事実を検証し、起きていることをリポートするために、普段からさまざまな人とのコミュニケーションが重要となる。

 

取材対象はもちろん、周りの人への気遣い、感謝の思いも大事にしてもらいたい。

 

その上で、2人とも持ち前の明るい笑顔と元気なあいさつで、1週間の職場研修をしっかり乗り切ってほしいと願っている。

 

報道制作局 N

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@

終了間際の大逆転!登坂選手も金メダル輝く

 

柔道女子70キロ級の田知本遥選手の金メダル獲得の快挙から1週間。

今度はレスリング48キロ級で、高岡市出身の登坂絵莉選手が終了間際の大逆転で悲願の金メダルに輝いた。

 

県勢2人目の金メダル。

これまで個人種目で獲得できなかった富山県勢が、ひとつの大会で2つもの金メダル獲得となった。

 

出身の木津小学校や高岡駅で開かれたパブリックビューイングを夜通しで取材したKYO記者、ASO記者。

早朝から地元の盛り上がりを取材したO記者、AB記者、KO記者。

キー局への配信を担当したMATデスク、MAKデスク。

追い込みの取材、編集できょうのN6は、とても見応えのあるVTRを放送してくれた。

 

試合のポイントの整理はもちろん、

地元の親友と結ばれた強い絆。

両親とともに歩んできたこれまでの人生。

 

金メダル達成の裏側で、登坂選手のこれまでの生きざまをしっかりとらえていた。

 

リオ五輪開幕以来、県関係選手の活躍に県内ではお祭り騒ぎが続いている。

あすは県勢のトリを飾る形で、陸上男子競歩50キロに谷井孝行選手が登場する。

今大会3人目のメダリスト誕生を県民挙げて祝いたいところだ。

 

うちのリオ取材チームももうひと踏ん張り!!

熱い夏を引き続き、しっかりと盛り上げてほしい。

 

報道制作局  N

 

 

 

 

 

@

夢のようなタイムトラベル、懐かしい友と再会

 

今月14日、ホテルニューオータニ高岡で開かれた中学時代の同窓会に参加してきた。

全国各地に散らばった同窓生が集まりやすいようにとお盆にあわせて開かれた会。

高校のOB会で幹事経験のあった自分は、世話役の大変さが理解できることから、出席することにしていた。

 

中学時代の同窓会はこれが3回目の開催。

前回は今から20年前であった。

今回集まったのは35人。学年全体で170人あまりいた同窓生の2割しか参加しなかった。

幹事によると、半数近くと連絡がとれなかったそうだ。

 

恩師3人も駆けつけ、懐かしい友の笑顔を見つけると、気持ちはすぐさま学生時代にタイムスリップ。

乾杯の後、楽しくお酒を飲み交わしながら一人一人が近況報告をした。

中には早くも祖母、祖父になってしまったと照れ笑いする友人もみられ、会場には笑顔の輪が広がった。

 

 

尽きない友との語らい。

夢のようなひとときのタイムトラベルであった。

 

 

同窓会は3次会にまで突入。

また近いうちに会おう!と誓い、固い握手を交わして解散した。

 

かつて机を並べた仲間たち。今はそれぞれの道を、それぞれ懸命に生きている。

 

変わらない仲間の優しさを胸に、前を向いて1日1日を大切に生きていきたいと感じさせられた。

 

 

きょうはこのあと、リオ五輪金メダルをかけてレスリングの登坂選手がいよいよ登場する。

プレッシャーをはねのけ、県民の期待に応え、ぜひとも夢を達成してほしい。

 

その模様をKYO記者を中心に、スタッフ一同で総力取材する。

 

県民のみなさんに勇気と感動をお届けできるよう、集中したいところだ。

 

報道制作局  N

 

 

 

 

 

 

 

@

県勢初個人種目で金メダル!おめでとう田知本選手

 

山の日のきのう、県民にとってビッグニュースが早朝から飛び込んできた。

リオ五輪柔道女子70キロ級で、射水市出身の田知本遥選手が悲願の金メダルに輝いた。

前日10日の午後10時からアイザック小杉文化ホールには大勢の市民がかけつけ

祈るようにスクリーンを見つめ続けていた。

県勢初の快挙達成の瞬間を取材しようと、マスコミ陣も集結。

大勢の市民とともに一回戦から試合の展開を見守った。

 

うちはKYO記者にKAカメラマンのコンビが試合開始前から、

その後、A記者とWAカメラマンが未明に現場に駆けつけ、応援取材を進めた。

 

二回戦で世界ランク1位のオランダの選手を大接戦の末、破った田知本選手は

その後、勢いに乗り、得意の足技がきれいに決まる。

 

王者にふさわしい勝ち方で見事に金メダルを獲得した。

 

ロンドンでの屈辱、ドーピング違反の疑いのある風邪薬を服用したとして警告処分、

世界選手権の代表から外された。。。

どん底から掴み取った栄冠だった。

 

この日は田知本選手の話題を総力取材。

KYO記者が高校時代の恩師である二瀬さんにすぐに出演OKを取り付けた。

 

テーマは”姉妹で勝ち取った金メダル”

 

OAを担当した自分。これまでの2人の歩みをVTRで紹介している際に

舞台裏で何度も涙ぐむ二瀬さんの姿がとても印象的であった。

二瀬さんには、どんな姉妹なのかを優しく視聴者に語りかけていただいた。

 

号外の動きを追いかけたO記者、射水市内の反響ぶりを追ったSU記者、

みんなの努力で、どの局よりも田知本選手の人柄や生きざまを伝えることができたと自負している。

 

この日は他にも大ネタだらけとなった。

 

夏の甲子園、富山第一の劇的なサヨナラ勝ちを取材したA記者とMAカメラマン。

 

山の日の立山の様子を丁寧に取材したKA記者、TAアナウンサー、KO記者、GOカメラマン。

それにあわせ、空からヘリコプターで夏の立山をとらえたKE記者とTEカメラマン。

 

それぞれ総力取材で、見応え十分のニュースを富山のみなさんに届けることができたと思う。

 

 

リオ五輪はまだまだ中盤戦。富山第一の甲子園での戦いぶりにも目が離せない。

暑さに負けず、スタッフが結集し、熱い夏を届け続ける覚悟だ。

 

 

報道制作局   N

 

 

 

 

@

山の日近し・・・立山に人・人・人

 

山の日が近づいてきた今週末、夏の立山を満喫してきた。

雄山から富士の折立、別山、剣御前までを縦走してきた。

 

立山駅からケーブルカー、高原バスを乗り継いで室堂に到着するとそこには人・人・人・・・

真っ青な快晴に恵まれ、立山登山の拠点は大勢の登山客や観光客でごったがえし、大賑わいであった。

ターミナルでは、山岳警備隊のメンバーが大声を張り上げて、登山届の提出を呼びかけていた。

毎回、屋上に出ると、いよいよ山登りを始めるぞと気持ちが高まる。

 

少し歩くと、一の越まで長蛇の列・・・さらに雄山までの登山ルートを見上げると、

途切れることなく登山者の列が続いていた。

 

 

山歩きの魅力。。。。

 

登山道を黙々と歩いていると自分が無になる瞬間があり、それがたまらなくなる。

 

 

今から18年前、報道に着任してすぐに立山取材担当を命ぜられた。

その後、2年半近く立山取材に没頭した時期がある。

下山してすぐに特集を放送し、また立山へと戻る。春夏秋冬1年のほとんどを立山周辺の山小屋で過ごした。

 

そのころは中高年しか見かけなかった立山。

最近はカラフルなウエアを身にまとった若い登山者がかなり増えた。

特に目立つのが女性登山者だ。

今回も3人ぐらいのメンバーを見かけたと思ったら、

1人で山登りを楽しむ女性もいた。

 

見知らぬ登山者同士がすれ違った時に、自然と挨拶を交わしたり、気軽に話せるのも山歩きの魅力がある。

元気な笑顔で話しかけられ、こちらも華やかな気分になれる。

 

あさって11日は国民の祝日として新たに制定された「山の日」。

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝することを目的にしているという。

 

この日にあわせ、チューリップテレビではTAアナウンサーはじめ、ディレクターのKA記者、

KO記者、GOカメラマンが入山することとなった。

 

みんな山登りの経験が浅い(もしくは全くない)が現地からの中継含め、

立山の現在をしっかりリポートしてもらいたい。

 

雄大な北アルプスの山並み。かれんな花を咲き競う高山植物。

目を閉じると鮮やかなその情景が脳裏に浮かんでくる。。。

 

 

”自らの足で登り、頂を極めた人にだけ、山は素晴らしい贈り物を用意している”

 

 

 

報道制作局  N

 

 

 

 

@

政活費不正の県議 ”県政の妨げに・・・”

 

富山県議会副議長の矢後肇県議(56)が書籍を購入したように見せかけ、

領収書を偽造して、政務活動費およそ460万円を不正に受け取っていたことが明らかになった。

不正受給を認めた矢後県議は16日になってようやく、議員辞職を表明。

週明け火曜にも県議会事務局に辞職願いを正式に提出するという。

その記者会見の様子を見ていると、違和感を感じずにはいられなかった。

 

”きょうの富山県よりも、あすの富山県がよりよくなるためには、このまま議員のポストにとどまるのがよいか、

職を辞するほうがよいかと検討した結果、私が議員にとどまることが「県政発展の妨げになる」と判断し、

後援会のみなさまの了承を得たので、議員を辞めることにしました”

 

不正をした人は思えない、分をわきまえない発言。

”富山県の発展のために”と述べる往生際の悪いセリフがただ、むなしく聞こえた。

 

 

また、南砺市の書店以外でも、実際に購入していない書籍を収支報告者に記載していたことについては

 

同席した弁護士が「調査中のために現時点では答えられない」とした上で、

”弁護士に調査してもらった上で、(不正とみなされる)間違いのない金額を定めたい”

と述べるにとどまった。

 

 

2度にわたる記者会見では一度も、領収書を偽造した南砺市の書店に対しての謝罪はなかった。

さらに1回目の記者会見では、ほかに不正はないかとの記者の問いに対し、

”印鑑を偽造していない”と述べるにとどまり、自らほかの疑惑に答えようとする意思や誠意は全く見られなかった。

 

記者会見を開くたびに、疑問が積み重なる。。。。

 

今後は県警が詐欺や有印私文書偽造と行使の疑いで捜査に着手することになる。

 

繰り返される政治とカネの問題。

今回の矢後県議の不正受給をきっかけに、

議会自らが透明化や規制強化にしっかり乗り出してもらいたい。

 

報道制作局  N

 

 

 

@

農業者の自立支援へ 戸出七夕軽トラ市

 

大小、およそ1000本の七夕飾りが街を彩る戸出七夕祭りが開幕した。

ふるさとの商店街は、毎年、ひと月前から町民総出で、各町内ごとに巨大七夕作りの準備を進める。

通りの狭さがかえって七夕を華やかに、優雅に、情緒深い雰囲気を演出している。

開幕日の3日は、大勢の家族連れや若者たちが通りを歩き、夜空にたなびく幻想的な光景を楽しんでいた。

 

その戸出七夕祭り。

日中、メイン通りと対になる駅前通りで、去年から軽トラ市が開催されている。

駅前のおよそ200メートルを歩行者天国にして、各出店者のテナントがずらりと並ぶ。

扱うのは、地元の農産物や衣料品、工芸品などの幅広い商品。

七夕飾りとは別の趣を演出している。

一軒、一軒、ブース内を覗きながら、軽トラ市を企画した広告代理店のO氏

(中学時代の先輩)に久しぶりにお会いした。

 

”年々、シャッター街が広がる戸出の街なかに元気を出してもらいたい”

”TPP問題をきっかけに農業者の自立が叫ばれる中、戸出地区の若手農業者に自分の作った生産物を直接、消費者に売る機会を体験し、商売感覚をつかんでほしい”

 

そんな願いが軽トラ市開催の背景にあることを教えてもらった。

そういえば、どことなく商売は不慣れそうなだけど、さわやかに日焼けした人たちが多いなと思っていたところだった。

品定めする来場者と、にこやかに会話を交わす若手農業者たち。

参加したみなさんの親しみやすい優しい笑顔がとても印象的であった。

 

さまざまな企画やイベントには必ず、それぞれの目的や夢がある。

表舞台とは違うところでの小さな取り組み。。。そして、その第一歩。。。

報道機関として、普段からそんな動きをしっかり捉え、しっかり応援できることがあると感じさせられた。

 

 

報道制作局  N

 

 

 

 

 

 

@

奥黒部の開拓者 伊藤さん逝く

 

29日の朝刊を開いたところ、山小屋経営者 伊藤正一さんが死去された記事が目にとまった。

93歳の生涯。伊藤さんは、北アルプス、黒部川源流の三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋の3つの山小屋を経営され、ずっと黒部の大自然を見守り続けてきた。

終戦を機に黒部の最奥地に入り、雲上の楽園といわれる雲ノ平を1948年に発見。(※雲ノ平は標高2500mの溶岩台地で高山植物の宝庫) その美しさにほれ込み、10年かけて自費で登山道を開通させたという。

自分が奥黒部の山々とともに伊藤さんを取材したのは、今から16年前。

富山、長野、岐阜の県境にある三俣山荘でインタビューさせてもらった。

クラシックが流れるお洒落なラウンジで、コーヒーを入れてもらい、奥黒部の開拓の歴史をたっぷり聞かせてもらった。

温厚でにこやかな笑顔での語りが懐かしく思い出される。

前人未踏の地、奥黒部の開拓者。

雲ノ平の中の日本庭園、アルプス庭園などの呼び名は伊藤さんが命名したものだ。

 

今後は、私たち人間が黒部の大自然と共存していくことの大切さを強調されていた。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

今年もまもなく本格的な夏山シーズンがやってくる。

報道制作局 N

@