◆花園をかけた高校ラグビー決勝戦

最近、親不知を抜きました。

滑舌の改善を期待しましたが、現状維持の毛田千代丸です。

 

さて、今月5日、富山市の岩瀬スポーツ公園で

全国高校ラグビー富山県大会の決勝戦があり、

今年も実況を担当させていただきました。

 

%e5%ae%9f%e6%b3%81%ef%bc%91

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝のカードは富山第一砺波。

試合は大型フォワード中心の攻めでリードする富山第一に対し、

小柄な砺波が相手のスペースをつくキックやパスで対抗。

 

%e5%ae%9f%e6%b3%81%ef%bc%93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%ae%9f%e6%b3%81%ef%bc%95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤まで接戦を繰り広げましたが、最後は砺波を振り切って

県内無敗の王者・富山第一が栄冠に輝きました。

 

実況の取材で選手に話を聞いていると

選手1人1人にドラマがあることを知り、

仲間のために血と汗を流しながら

体を張る姿を見ると胸が熱くなります。

 

%e5%ae%9f%e6%b3%81%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富山第一は3年ぶり9回目の全国大会。

悔いなき戦いができるようしっかり準備して

花園のピッチに立ってほしいと思います。

 

敗れた砺波も8年ぶりの決勝進出でした。

この経験を糧に来年に生かし、

流した涙の分だけ強くなってほしいです。