ドキュメンタリー「沈黙の山」放送

 

年度始めには、手短にコツコツ書き込もうと意気込んだはずでしたが、

4月11日以来、8か月ぶりの更新となってしまいました・・・

 

今年も1年間、N6をご覧いただきありがとうございました。

年末のご挨拶がてら、

私がディレクターを担当したドキュメンタリー番組のお知らせです。

4月以降、ちょくちょくN6を休ませていただいたのは、

この番組の取材のためでした。

 

沈黙の山6 沈黙の山5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政府が観光立国を目指す大きな流れの中で、

富山県は立山黒部を世界レベルの山岳リゾートにすべく、

世界ブランド化を推し進めようとしています。

 

しかし、これまで閉ざされてきた厳冬期にも

観光客を呼び込もうという構想には、

山小屋や山岳救助の専門家などから「待った」がかりました。

 

山に生きる人たちにとって「現実離れした」構想は、なぜ生まれたのか。

世界ブランド化構想に潜む陰を追いかけた番組です。

 

 

沈黙の山8

 沈黙の山9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの仕事は、視聴者の皆さんに答えを示すことではなく、

物事に対する多様な見方を提示することです。

 

大半の人たちが一つの方向から問題を見ているならば、

それとは違う方向から問題を捉えることに

ドキュメンタリーの本質があると思います。

 

沈黙の山12

 沈黙の山10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組を見て、

「こんなことは知らなかった、冬季営業など無理だ」と思う人、

「冬の立山にも観光客を呼ぶのはいいことだ」と思う人、

捉え方は様々なはずです。

 

そのうえで、

世界ブランド化の問題についてじっくり考えるきっかけになるならば、

この番組を作った意義があります。

 

意見の異なる人たちを排除するのではなく、

多種多様な考えを認めあい議論が交わせる富山であってほしいと思います。

 

 

沈黙の山4 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキュメンタリー「沈黙の山」は、

大晦日の31日(月)午後1時から70分間の放送です。

 

 

 

それでは、よいお年を。

 

 

 

新人記者

先週金曜日から5日間の出張に出ていたため、

「N6」を休んでいましたが、今日から復帰しました。

 

新人記者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、チューリップテレビ報道制作局には、

今週から4人の仲間が増えました。

全国制覇したあの富山第一のボランチに元ダンサー、

元専門誌記者、それに元敏腕営業マンなど、

バラエティーに富んだ経歴の持ち主が集いました。

今後、「N6」にもリポートや記者解説などで登場しますので、

温かく見守っていただければと思います。

記者vsデスク

 

デスクvs松澤②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記者の仕事は

 

デスクとの戦いの日々です

 

 

デスクvs松澤①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せめぎ合いの結晶は

 

午後6時15分からの「N6」で

 

 

夢の人工心臓

最先端技術で人工心臓を作る。

そんな夢に挑む研究者が富山大学にいます。

今日、午後6時15分からの「N6」で取り上げます。

担当の京極記者が目下編集中です。

京極人工心臓

 

初の夏日 

富山県内は今年初の夏日でした。

ルーキーイヤーが明けたばかり、

柔道で鍛えた鋼の肉体を持つ若手記者が

暑苦しくも懸命にリポートしてくれました。

奮闘ぶりはニュースページでご覧ください!!

梶谷暑い