別れの秋、成長の秋、、、、

以前住んでいたマンションが同じ、という縁で仲良くなった家族の1組が

来月早々にも、転勤で富山を離れることになりました。

 

 

子どもたちの年齢が近かったこともあり、我が家を含めた3家族で

バーベキューをしたり、ホームパーティーをしたり、食事会をしたり、

子供服のお下がりのやり取りをしたり・・・・

 

偶然にも大人全員が県外出身者、ということもあり、

「富山あるある」の話は特に、それはそれは盛り上がります。

 

 

 

まさに

気の置けない仲間。

大事な大事な仲間です。

 

 

仲良くなって8年余り。

これから先もワイワイと家族ぐるみで仲良くしていくんだろうな~と漠然と思っていた私は、

急な「転勤」ときいて絶句してしまいました・・・・。

 

 

とはいえ、これは仕方のないこと。

仕事をしていたらよくあることです。わかってはいるのですが・・・・

 

やはり、悲しい、、、寂しい、、、という思いは大人になっても抑えられないものです。

先日お別れホームパーティーをして、最後に集合写真をパチリ。

 

そのことを宿題の日記に書いていた娘。

『あー・・・なんか、泣きそうやわ・・・』

とぽつり。

 

娘にとっては、産まれた時からそばいにいたファミリー。

まだあまり実感が湧かないかもしれませんが、

「これからも、ずっとともだちでいたいです」

と日記は締めくくられていました。

 

 

うーん、泣けますなァ~~

 

 

そして、そんな娘の成長を感じた事がもうひとつ。

立山町のアウトドアショップにて「やってみたい」というのでやらせてみたクライミング体験。

『こんなの簡単だわ』と豪語する娘と

『途中でリタイヤするだろう』と密かに思う私。

(そして「ぼくもーーー」と見つめるが誰からも無視される弟)

 

 

根本的には怖がりの娘。案の定、7合目付近で

『ねえ、ママ。なんか怖いかも、、、。

いや、、、登ってもいいんだけど、、、このあたりでちょっと降りてみてもいいかな。』

などと曖昧なことを口にする。

 

素直に「きゃーこわーい」と言わないところが、うちの娘らしい・・・。

 

 

ゴチャゴチャ言った挙句、いったん降りるものの、

悔しかったのか、再トライ。

そして登りきりました。

高さ8メートルのクライミングの壁!!

結構高いぞ!!

すっきりと晴れ渡った秋空でのクライミングは、気持ちよかったようです。

私には絶対無理だなあ。(体力的にも)

8歳の娘の成長を感じた日曜日でした。