チューリップテレビHOME > 会社情報 > 番組審議会 > 第274回番組審議会(2018年2月)

会社情報

第274回番組審議会(2018年2月)

開催日 2018年2月21日(水)午後4時30分〜午後5時25分
開催場所 富山市奥田本町8番24号
チューリップテレビ 放送センター 「会議室」
出席委員(敬称略) 山弘一(委員長)、尾久彩子、村上 満、須河元信、藤井久丈、能作克治、田辺惠子
議 題 番組合評:「いつわりといすわり〜不正議員たちの言い分〜」
  放送日時 2017年12月30日(土)午後5時30分〜同6時25分
議事概要 局側から議題について説明し、各委員で意見交換を行った。意見の概要は次のとおり。

◯膨大な領収書を調べ上げて1年半におよぶ取材を行った制作者の努力が伝わってきた。

◯富山市議会の不正の時との違いは何かを視聴者に考えてほしいということだったのかと
 思うが、いすわる議員の本質的なところにもう少し踏み込んで記者の思いを前に出した
 つくりにしてもよかったのではないか。

◯タイトルのつけ方がうまいと思った。また、いすわる議員と禊を受けて新たな人生に挑
 戦した2人の議員を対比させる構成は非常によかった。

◯市の財政難にスポットを当てるのであれば、もう少し議会と行政の関係についてもウエ
 イトをかけてもよかったのではないか。

◯その後どう変わったか、どう変わっていくのかという番組も制作してほしいと思う。

◯私たち自身が、今後、選挙でどのような人を選んでいけばいいのかを考えさせられる
 ことがたくさんあった。教材のような番組であった。

◯「はりぼて」に比べて静かに流れていくような感じであったが、本質がどこにあるのか
 、何が問題なのか考えさせられる内容になっていた。静かだがインパクトがある番組で
 あった。

◯最後に登場した大仏さんは、じっといつわりを見ておられるのか、座っていすわられて
 いるということなのか、微妙な登場の仕方だと思った。
                                                        
 
COPYRIGHT(c)2008 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.